bannerWIX_edited_edited.jpg

PRELUDE Chord-C(Remixed by CARREC)

PRELUDE (Original Version)

本人たちによる

2作品全曲解説&音源公開

空想 feat.5lack

空想 feat.5lack - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

『実は凄い前からお互い知ってて。アルバム作る上でどうしても歌ってもらいたいテーマがあって、でも自分で歌詞書く事ではなくて。今まで黙ってたけど実はDNCのTAMU君が亡くなってしまって彼へのメッセージというか曲にすることでTAMU君が俺の中で生き続ける気がして。生前TAMU君と何回か一緒になる機会があっていつも乾杯してくれて優しくて。皆仲良かったと思うけど特に5lack君が仲良かったイメージがあってお願いした次第です。とても前向きな曲。俺は二人の地元ではないけど一人の人としてTAMU君への気持ちを形に出来た事は一生の宝です』(KOYANMUSIC)

空想 feat.5lack (Midnight 4th mix)

空想 feat.5lack (Midnight 4th mix) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

曲のイメージは深い藍色の夜空をふわふわ浮遊してる感じ。
超早回しにして長めのフレーズで展開。初稿から比べるとだいぶブラッシュアップの回数重ねたビートになったな(当初BPM80台だった)
この曲では生楽器=鈴、皮付タンバリン、シェイカーをSM58で卓上recして採用。ビートはHI-TEKがKWELIとやった『BLAST』のシェイカー使いを参考にした。このアルバムの中でのベストトラック。このビートを蹴った某MCはこれ聴いてどう思うかな...?(CARREC)

誰も見たことない花 feat.L'Andre

誰も見たことない花 feat.L'Andre - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

『地元でsimilabとかとは違うラインで日本と違う風を吹かせられるラッパーを捜してるときに出会って、当初からアルバム収録を目指して一緒に製作はじめてて。でもとあるタイミングでちょっと連絡つかなくなって「あれ?」と思って少ししたら彼が所用により出張に行ってる事が分かって。収録諦めてたんだけど締切の3日前くらいに急に連絡きて「まだ収録間に合いますか!?」で俺もすかさず「勿論!」と答えて。リリックも出張中に書き直したのが収録されてるバースで。レゲトンとかチャラ目なイメージあるけど彼は本物のリリシスト。日本と同じ、長い歴史を持つインカの知恵を感じるペルーからの使者。エルコンドルパサ。』(KOYANMUSIC)

誰も見たことない花 feat.L'Andre

(Milestone mix)

誰も見たことない花 feat.L'Andre(Milestone mix) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

この曲は『THE・哀愁』
故郷を思う家族思いの青年が海を見ながら口ずさんでるってなイメージ。L'Andreが南米の出身ということでネタも南米モノで、ビートは軽めにしてアクセントにアコギをチョロっと入れてベースラインなぞって補強して〜って感じで制作。これ聴いたら海の向こうの彼のおばぁも喜んでくれるかな。(CARREC)

Grand Line feat.NOTORIOUS KNZZ

Grand Line feat.NOTORIOUS KNZZ - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

『KNZZ君と「FLY」という曲を一緒に作って周りの反応が良くて、いつかまたやりたいな、と思ってる時にアルバム作っててこのビートが出来て。こういうビートとKNZZ君の相性が良いの分かっていたし、アルバム全体通して見てもらえば分かると思うけど彼がアルバムにいるのといないのではアルバムの「重さ」が変わってくるんですよ。』(KOYANMUSIC)

Grand Line feat. NOTORIOUS KNZZ

(Dirty hero mix)

Grand Line feat. NOTORIOUS KNZZ (Dirty hero mix) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

これはサンプル組んだ瞬間に『これはKNZZさんのラップ絶対ハマるな...』と思って作った。ネタのサグい感じに悪〜いクラップ使って、サンプルも何種類もいけたから上手く展開出来たし謎のブラックホールウネウネスクラッチ(RASCOの声擦ってる)炸裂!ブレイクでのシンセもなんとなく手癖で。この曲で『サンプル+弾き』の楽しさを得た感じかなぁ。そして『Dirty hero mix』ダーティーヒーロー、汚れた英雄...(CARREC)

Clap! feat. MARIA 

Clap! feat.MARIA - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

『地元ドオフで100円でゲトッたネタ。片面10何曲も入ってて溝が狭くて音ちっちゃ!みたいなやつ。を何とかしてみた。こういうビート普段作らないんだけどたまにふざけまくる癖が出ましたね。ライブ映えそうなビートだったから当時ライブ見てやられてた女帝マリア様にお願いして。イメージ通りのラップでニンマリ。攻めてくれました。』(KOYANMUSIC)

Clap! feat. MARIA(Amazoness mix) 

ここまでは割と元のBPMのままのリミックスが多かったのでこの曲は原曲と全く違うテイストにしようと思って速さ爆上げ!WALKIN'に続いて印度ネタを軸にコンガのブレイクの裏に4つ打ちキックを忍ばせて箱鳴り仕様に、protoolsのエラスティックオーディオでアカペラをタイムストレッチさせてスピードup、MVはオリジナルをサイケエディットして作成。この曲は7インチエディット作ってダブプレートでかけようと思ってる。AwichのDetoxから繋げて、ね。(CARREC)

Darlin Darlin feat.D.D.S

Unknown Track - Unknown Artist
00:00 / 00:00

『沼津に旅行行った帰りにこれまた沼津ドオフでゲットしたジャズネタ。鉄琴の音好きなんすよね。チョップしてたらプレミアパイセンぽくなってきて所謂「間」を大事にしました。音が完全に無くなる瞬間が多々あるようにして。こういうビートにバッチリはめてくれるのはDDSが友達の中ではピカイチなのでお願いして。サビの女の子の声は。。。秘密です』(KOYANMUSIC)

Darlin Darlin feat. D.D.S

(You still luv me?)

Darlin Darlin feat. D.D.S (You still luv me?) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

この曲は"パーティー明けに酔っ払ってて電車で無限ループ、彼女から『どこで何してんのー?』って心配のtelが鳴ってる..."ていう情景だったのでネタタイトル『I'll still love you』(俺をまだ愛してくれるかい?)を逆回転にして『You still love me?』(君はまだ俺のことを愛しているかい?)っていう意味を込めてる。お気にビーツなのでアナログにインスト入れてます。人と同じネタ使う時は違う使い方をしていきたいですな。(CARREC)

対話 feat. NORIKIYO,Kz 

対話 feat. NORIKIYO,Kz - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

「キーくんにどうしても入ってほしくて色々ビート渡してた中でこのビートに反応してくれて。相模原でSD,similabとか以外で目立ってたKZ(現在はKAYZYとして活動中)の事を気にかけていたキーくんがKZとやってみようか、となって実現した1曲です。テーマはずばり対話。若くて勢いのあるKZのリリックに対して「俺も昔はそうだったよ、でも今は、、、」と諭すような大人のラップで返答するNORIKIYO節。優しく、厳しい。」(KOYANMUSIC)

対話 feat. NORIKIYO,Kz (Rejection mix)

対話 featuring NORIKIYO,Kz (Rejection mix) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

やっぱ(?)一曲はイナタめのビートのを入れたいなと思ってて、以前作ってストックしておいたエモ90'sビーツ。MC二人のタイトル通りの対話的なヴァースとフックがすごく考えられてて良い曲。このビートに関してはもう完全に手癖で作った感じ。何にも難しいことせずにいいネタ見つけてビートは3点で組んで〜ってな感じで。実はMPC使い始めた当初からこの感覚はずーっと一緒、ハット1/8で2,4スネアみたいな。アウトロはElectric Relaxation宜しく3小節ループやってみた。ラストの声ネタはテーマに沿いつつNORIKIYOのクラシック曲のタイトルに少し掛かってたりする...わかった?(CARREC)

Walkin feat.田我流

「walkinはトラックだけ先に出来ててしばらく寝かせてたんすよ。当初アルバムの構成を考えてた時に田我流合いそうと思ってお願いして。PRELUDEを作った理由が当時ラッパーとして自信無くしちゃってて。ビートは好きでずっと作ってたけど、プロデューサーとして確固たるモノを作る必要があって。この曲が自分の1つの名刺になってだいたいどこ行っても知ってくれてて、スタジオ石にMV作ってもらって、7inchも出せて。この曲は人生の転機になった曲ですね。」(KOYANMUSIC)

Walkin featuring 田我流 (Jagdish mix)

Walkin featuring 田我流 (Jagdish mix) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

昔から通ってるレコ屋の民族音楽コーナー掘ってたら70'sのインド映画のOSTが軒並み1000円以下というありえない値段で売ってて、根こそぎレジに持って行ったら「これ、どこにありました?」と店主。どうやらこの辺のジャンルに詳しく無い人が値付けしたらしくこんな安い値段で店頭に出されてるとは思ってなかったらしい。ごっつあんですってな感じで根こそいで上のフロアで掘ってたら店主が上がってきて、「なんであんな安い値段つけたんだ」って値付けした奥さんと夫婦喧嘩してた笑

そんなエピソードもレミニスする楽しい曲。是非CD盤の流れで、蒸し暑っい露店の雑踏を歩いてる気分で聞いて欲しい。

Ladies’ feat.三島

Ladies' feat.三島 - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

「地元のマイメソDJ LIKESTが出した(AIR TIGHT SERVICE)てmixに三島君が入ってて衝撃(笑撃)的でw。ネタ組んでる時にはもう三島君でしょ、となり参加してもらいました。37度くらいのローションみたいな曲です(濡)」(KOYANMUSIC)

Ladies’ featuring 三島

(キミもこの気持ちよさにやられちまいなmix)

Ladies’ featuring 三島 (キミもこの気持ちよさにやられちまいなmix) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

アルバムサイズで作ることを考えた時に一つ大ネタを入れたいなと思ってこれをチョイス(誰の曲かわかんなくてもクラブで一度は聞いたことあるっしょ!!)フレーズサンプリングで録りつつ構成考えてたらフック神が降臨。「Ladies, I like to take this time out just to say...」のフレーズが曲ニモバッチリハマった(驚)

キックとスネアはドン パン ドン パン のタイミングでずーっと鳴ってるけどめちゃくちゃ後ノリにしてルーズなグルーヴに仕上げた。MPC特有のテキトーTriming(頭を余す)でできた産物。サブタイトルは言わずもがな...とか言っとく!!

6/14更新

Singin the Pain feat.FRAME a.k.a. FAKE-ID

08 Singin the Pain feat.FRAME a.k.a. FAKE ID - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

「元ネタの曲名からヒントを得て作りましたね。フレーム君の事はソロのEPで知ってめちゃ格好よくて!クセがあるけど聞きやすいフローとリリックが好きですね。この曲でも存分に持ち味発揮してくれました」(KOYANMUSIC)

Singin the Pain feat. FRAME a.k.a. FAKE ID (Cosmic tease mix)

Singin the Pain featuring FRAME a.k.a. FAKE ID (Cosmic tease mix) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

ネタはなんだったけかな・・・?(忘れた)

星が瞬くディープブルーの空をゆっくり錐揉みしながら飛んでるイメージで上ネタを処理して、浮遊感のあるところにバシッとタイトなビートがくるってのがポイント。いつもはMPC2000XLでビート組むけどこの曲ではビートをタイト(というかクオンタイズかっちりスクエアに)にするためにProtools上に各ドラムパーツを並べて組んでみた。

SEEDAのDaydreaminとかNORIKIYOの23時各駅新宿のように"曲の中盤でビートが入ってくる"曲をやりたかったのでようやく出来た。

​彼の所属してるグループRefugeecampのレコードGetして良く聴いてるけどフック職人っぷりが素晴らしい!(CARREC)

6/9更新

Tyler Durden feat.OMSB

Tyler Dueden feat.OMSB - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

「ネタはドオフで拾った90's R&Bで45回転にして。45回転にした時点でドラム鳴ってて、本当にたいして知りもしないのにノリで2000年代初頭のサウス的な感じにしてみたり。このノリに合うのはOMSBしかいなくてお願いして。格好良くふざけてくれて最高っす。今聞いても哀愁もあるし。最後のほうにボソボソ言ってるらへん、レコーディング中耳元で聞かされて、良い意味でゾッとしました。」(KOYANMUSIC)

Tyler Durden featuring OMSB (FFWA? Ver.)

Tyler Durden feat,OMSB(FFWA? Ver.) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

怪しめの和楽器使いフレーズがOMSBの声のトーンにバッチリ合ったので採用。ビートはスカスカ意識の間グルーヴ(2005以降のピートロック的な)そしてこれの製作時期に聞いてたWhite boizのG.U.N.にインスパイアされたフレイヴァーも出てるかな。フックのキーが上ネタと合わなかったので元より低くしたヴァージョンをOMSBがRecし直してくれた。そのお陰でバッチリハマって統一感も出た。ありがたや!こちらもアナログ盤PRELUDE EPに収録されております。(CARREC)

6/5更新

空 feat.Itto (Flute-西音寺 響子)

空 feat. Itto (Flute-西音寺 響子) - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

「気持ちの良いピアノループ作りたくてネタ探してたらたまたまこのグルーヴと出会えて、あとはドラム、ベースもシンプルにというのは心懸けましたね。ビートが出来た時この清清しい感じはITTO君に合うな、と思って声かけて。MVも秋の夜長の時期にとって何ともいい感じの空気感で心が洗われます。そんな曲。」(KOYANMUSIC)

空 feat.Itto (地底人mix)

空 feat.Itto(地底人mix) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

まずあのベースネタを発見して、その上に乗せるビートはドラムブレイクをパーツで分解して軽チョップ。するとあら不思議、ハットの刻みがナイスグルーヴを生み出してくれた。ラップはグイグイヴァースで引っ張る感じだったので展開は作らずにほぼワンループ。
何か引っかかりになる要素が欲しかったのでビート全編にスクラッチを入れてみた。このころは下手いスクラッチがマイブームだったのでわざとテキトーに擦ったものを乗っけた。イントロの声ネタはこれまた青春時代のナニを使って二枚使いで遊べるようにしておいた。二枚使いを想定して曲作ることは良くあるのであーる。(CARREC)

6/2更新

Nocturne feat.SALU

Nocturne feat.SALU - KOYANMUSIC
00:00 / 00:00

「ピアノの旋律が最初頭に降りてきて、それを具現化するためにまずドラムをプログラミングしました。ハットやスネアの乱打散らしのスタイルもこのビートで扉が開きましたね。これが出来てすぐに"SALUが合うな"と直感的に思って彼に声をかけたら快く引き受けてくれて。トラックの雰囲気からNocturne(夜想曲)となったのは自然な流れで、ハイライトは彼が2度リリックを書き直してきてくれた事かな。自分的には既に気に入ってたんだけど「この作品の中で1番目立ちたいんで書き直してきました!」と再度レコーディングして。誰に言われることなく自らを律して、徹底して完璧を追求する彼の言葉は時に俺の気持ちすら代弁してくれているんです。(KOYANMUSIC)

Nocturne feat.SALU (Resourceful mix)

Nocturne feat.SALU (Resourceful mix) - KOYANMUSIC×CARREC
00:00 / 00:00

自分が今まで作ってきたビートの中で最遅かも(BPM65) オリジナルPRELUDEとは曲順を変えようと初めから思っていたからInterude後

ということでドラマチックなイントロのこのネタで。

チョップはMPC内でやらずに敢えてProtoolsでやってグリッドガチガチなスクエアノリの切り方にしてみた。曲中2回だけ使ってる「OhOh」のSEは作ってる途中にふと思いついて青春時代のHIPHOPから拝借(スクエアつながり)ちなみにフックの声ネタもある曲のアカペラをKOYANに頼んでキー合うように仕上げてくれた。ハイハットを16とか32で刻まずにハットなしでドラムはキックとクラップ、後はクラッシュのみ。上ネタは流れるよう鳴らしつつビートは音数少なくどっしりしたイメージで。初めは四つ打ちにしたろうかなと思ったけどまとまりがなくなるのでボツ!! (CARREC)

KOYANMUSIC×CARRECのアルバム

[PRELUDE Chord-C(Remixed by CARREC)より

Clap! feat.MARIA(Amazoness mix)のMVが公開

豪華客演陣が参加したKOYANMUSICのアルバム[PRELUDE]をCARRECが全曲リミックスしCDとアナログレコードで同時リリース

PRELUDE_CD.jpg

タイトル:PRELUDE Chord-C(Remixed by CARREC)
アーティスト:KOYANMUSIC×CARREC
発売日:2019年3月27日
価格:2315円(税込2500円)
レーベル:YUKICHI RECORDS
品番:YRC-059
フォーマット:CD

01. PRELUDE Chord-C
02. 空 featuring Itto (地底人mix)
03. Walkin featuring 田我流 (Jagdish mix)
04. Ladies’ featuring 三島 (キミもこの気持ちよさにやられちまいなmix)
05. Clap! featuring MARIA (Amazoness mix)
06. Darlin Darlin (You still luv me?) featuring D.D.S
07. Work featuring MILES WORD (SorPPP! mix)
08. Singin the Pain featuring FRAME a.k.a. FAKE-ID (Cosmic tease mix)
09. Interlude
10. Nocturne featuring SALU (Resourceful mix)
11. Grand Line featuring NOTORIOUS KNZZ (Dirty hero mix)
12. Again featuring RHYME BOYA (Morrow mix)
13. Tyler Durden featuring OMSB (FFWA? Ver.)
14. 誰も見たことない花 featuring L’Andre (Milestone mix)
15. 対話 featuring NORIKIYO,Kz (Rejection mix)
16. 空想 featuring 5lack (Midnight 4th mix)

All sounds produced by CARREC
Mixed&Mastered by KOYANMUSIC at スタヂオ別館
Design & Layout:KRESS EYE

PreludeEP_JKT_omote.jpg

【KOYANMUSIC side】
K-1.Nocturne feat.SALU (neo healing mix)
K-2.Again feat.RHYME&B (original)
K-3.Work feat.MILES WORD (original)
K-4.Ladies (original instrumental)
K-5.Darlin Darlin (original instrumental)

【CARREC side】
C-1.Tyler Durden feat.OMSB (FFWA? 12"Ver.)
C-2.Walkin feat.田我流 (Jagdish mix)
C-3.空想 feat.5lack (Midnight 4th mix)
C-4.Walkin (Jagdish beats)
C-5.Darlin Darlin (You still luv my beats?)
C-6.空 (地底人Beats)

タイトル:PRELUDE EP
アーティスト:KOYANMUSIC×CARREC
発売日:2019年3月27日
価格:2000円(税込2160円)
レーベル:YUKICHI RECORDS
品番:YR-1901
フォーマット:12インチアナログレコード

All sounds produced by KOYANMUSIC & CARREC
Mixed by KOYANMUSIC at スタヂオ別館
Mastered by estra at スタヂオ別館
Design & Layout:KRESS EYE